27歳CAが起業のしかた教えます

27歳CAが淡々と月収100万の自動化を指南するブログ

CAが「時間・お金」からも自由になった経緯を淡々と解説します

コンテンツを作るための5ステップ

いよいよ、今回は「あなたのコンテンツ」を作り上げます。
といってもステップはシンプルなので安心してくださいね。

 

 まず、コンテンツに対するマインドセットの時点で、売れるか売れないか決まってしまいます。そもそもあなたが売ろうとしているコンテンツ(情報、商品)とはナニモノなのでしょうか?

コンテンツとは

 ずばり、
「お客様を理想の世界へ連れて行くために必要なもの」
です。
世の中にあるすべての商品がそうです。
そして、こんな要素が付随します。

・それは何かしらの欲求を満たすことで可能(マズロー欲求5段階説)...A
・その欲求とは2つしかない。それは「快楽を得たい」か「痛みを取り除きたい」か。...B
・あなたはお客様の「時間」の価値を売ること、がビジネスの本質。

注1)※この「時間」の価値についてはかなり大事なので忘れている人はこちらの記事を読み返してください。

webfreedom.hatenablog.com

 注2)※AとBは、本格的にあなたのコンテンツを作っていくために必要なワークがあります。下記のステップの中で出てくるので必ずその段階でやるようにしてください。でこれをすることで、独りよがりにならない"売れる"コンテンツ作成ができます。

 

コンテンツ設計のステップ

コンテンツは以下のステップで作成します。

 ワークA

STEP1 理想のお客様を考える

STEP2 お客様が悩んでいることを考える

ワークB

STEP3 解決像を考える

STEP4 ゴールを設定してSTEP化し、サービスの形にする

STEP5 サービスの提供のスタイルを決める

 

早速はじめていきましょう。 

ワークA

まずSTEP1の前にAのワークをしてください。

A. マズロー欲求5段階説では、人間の欲求は、次の5種類と言われています。

 

f:id:webmami:20170622224347p:plainhttp://www.motivation-up.com/motivation/maslow.html

・生理的欲求
・安全欲求
・親和欲求
・承認欲求
自己実現欲求

ここからがワークです。最近あなたが購入したものとこれから欲しいものをそれぞれ5つ書いてください。そして、それが上記のどの欲求を満たすのか書き出してください。
さらに、あなたが購入したものでもこれから欲しいものでもなく、世の中にあるあらゆる商品や興味深い商品の中から5つ選び、同様に上記のどの欲求を満たすか書き出してください。

これをすることにより、自分のことを理解できる+世の中の人の欲求が理解できるので、売れるコンテンツが作れる脳になります。

 

 

STEP1 理想のお客様を考える

ここで、理想のお客様を1人、超具体的に書き出してみます。ビジネス用語では「ペルソナ」といって、「そのたった一人に売る」イメージで、特定の人物を思い浮かべて書き出してください。

年齢:

仕事:

性別:

趣味:

家族構成:

育った環境:

日頃見ているテレビ、雑誌:

住んでいる場所:

憧れているもの:

よく見ているウェブサイト:

 もし、作ろうと思っているコンテンツが、あなたの経験やスキルをもとにしたものであれば、ここで「過去のあなた」を思い出して書くと良いです。
「お客様を理想の世界に連れて行ってあげる」というコンテンツの最大の特徴を満たす上で、あなた以上に理想的なロールモデルはいないからです。

 

STEP2、ワークB お客様が悩んでいることを考える

次に、上で書き出した理想のお客様の、今欲しいもの・悩んでいること・解決したい問題etc...つまり「欲求」を書き出します。これは、多ければ多いほどいいので、Bについてワークをやります。

欲求」には、「快楽を得たい」か「痛みを取り除きたい」のどちらかしかありません。それを細分化したものが下記なので、とにかく量を出してみましょう。

・困っていること、不満
・不安に思っていること
・心配事、悩み
・苦痛
・満たしたい欲求
・解決したい問題

 

STEP3 解決像を考える

上記で出したあらゆる「欲望」を解決するための方法を全部に対して書き出してください。これが商品になるのですが、これは必ずしもあなたが出来ることでなくて大丈夫です。「ビジネスの基本」を思い出してください。商品は「自分で作るか、借りるか、仕入れるか」という方法があります。

なので、ここではシンプルにSTEP2で書き出した「欲望」の解決策を羅列していきます。かなり大量に書き出したと思うので、STEP4に繋げるためにも、はじめに「カテゴリー」分けをすると良いでしょう。そして、それぞれに解決策を考えていってください。 

STEP4 ゴールを設定してSTEP化し、サービスの形にする

STEP3までやったら、あなたの商品では「誰を、どんな理想の世界に連れていきたいのか」を明確にしましょう。
そして、STEP3で分けた「カテゴリー」を参考にして、ゴールまでをステップ化します。これでコンテンツのパッケージができます。

 

STEP5 サービスの提供のスタイルを決める

コンテンツをどのように提供するのかを決めます。
・オンライン/オフライン

・期間(単発/継続)

・価格

・支払い方法

などです。

 

これでコンテンツが完成します。

 

やってみると分かると思いますが、あなたの実体験があることや興味のあることでないと、ここまで書き出すことも大変だと思います。
もししっくりこない人は、こちら↓を読んでコンテンツの3大要素をまず自分に合ったものに固めてください。

webfreedom.hatenablog.com