27歳CAが起業のしかた教えます

27歳CAが淡々と月収100万の自動化を指南するブログ

CAが「時間・お金」からも自由になった経緯を淡々と解説します

あなたが売れるニーズをつかむ

ビジネスを組み立てる上で

あなたの

・強み、スキル

・好きなこと、やりたいこと

という2つに加えて

・ニーズ

があることである必要があると話していました。

 

今日はその「ニーズ」の見つけ方です。

 

いくら、強み・スキルがあり、好きなことであっても

誰かの「ニーズ」つまりあなたにお金を払ってくれる人がいないと、稼ぐことは出来ません。ただの趣味になってしまいます。

 

それでは、ニーズはどうやって見つけるのでしょうか。

 

 

どうやって「売れる」ニーズを見つけるか

オススメは、

・あなたが少なくとも10冊は読みたいと思う本の分野

です。

 

それは、あなた自身が学びたいこと、知りたいことですよね。

 

しかも、本になって出ているということは、世の中でそれだけ多くの人が興味があると立証されていることになります。
市場が大きい=稼ぎやすい、ということです。

 

他には、

・日頃から相談されることが多い事

・ネット上の質問掲示板

 を見てみます。

 

上記のようなやり方で、自分が興味があって世の中(もっと小さい範囲でも確かだと思うテーマがあれば良いです)のニーズもあるものを見つけたら

次に、そのニーズを深く見ていきます。

 

どんなニーズがあるのか具体的に知る6つの視点

 

ここで大事なのが

お客様の6つの欲望についてそれぞれ考えてみることです。

 

その6つは

・お客様が叶えたいこと、欲しいもの、欲望

・お客様の痛み

・お客様の悩んでいること

・お客様が解決したい問題事

・お客様の不安

・お客様の不満

 

上記6つについて、1項目50個くらいずつ書き出してみてください。

書き出せないものは、解決策も出てこないため、あなたにビジネスは難しいかもしれません。

 

でも、強み、スキル、やりたいこと、について書き出してきたあなたは、おそらく50個は書き出せるような分野を自然と選んでいるのではないでしょうか?

 

解決策を考えてみる=商品になる 

こうして「ニーズ」を書き出したら、それに対して自分は何ができるか?

どんな対処法が考えられるか?

書き出してみてください。

 

それがそのままビジネスの内容になっていきます。

しかも、ニーズに答えているため、「売れる商品」になります。

 

 

ニーズの見つけ方 まとめ

まずは、

・本を10冊読みたい分野
・人からよく相談されること
・興味のある質問掲示板

からテーマを選び、

そのテーマについて

・お客様の6つの欲を書き出し

・それに対する対処法、自分にできること

を書き出していきましょう。