27歳CAが起業のしかた教えます

27歳CAが淡々と月収100万の自動化を指南するブログ

CAが「時間・お金」からも自由になった経緯を淡々と解説します

有名にならなくても稼げる。でも◯◯しないと稼ぐのは無理。

f:id:webmami:20170720014923j:plain

ちょっとタイトルが意味不明ですかね?

今回は、最近の日本のFacebookに広がっている一部の世界について苦言を呈したいと思うんです。

 

 

現在のFacebookの怪しい世界

もしあなたが少しでもブログで稼ごうとか起業しようとか思っているのであれば
Facebookの更新頻度がめちゃめちゃ高い"売れている"という類の人たちを見かけたことがありませんか?

 

実は私が最初に入った起業塾でも、「とにかくFacebookを更新!!1日5投稿!」みたいなのを最初に言われたんですね。

 

私は、まだ日本にFacebookiPhoneが入る前の頃にイギリスに留学していたことがありまして、現地での交流はFacebookを主にしていたので使っていましたが帰国後の日本でもまだあまり広がってなかったし、随分放置していたんです。

 

それで、起業塾で言われたことがキッカケで再びアカウントを作り、まずは講師や起業仲間と友達になってみて驚きました、、、

友達3000人や5000人がザラにいる世界、
見たくもない自撮りの加工写真や自慢をなんだか胡散臭い文章でUPしている人がたくさんいる世界、
一般人のギラギラ投稿に「いいね!」が1000付いている世界、
毎日毎日変なオジサンや外国人や知らない人から意味不明なスタンプコメントや友達申請が来る世界、…

 

Facebookってこんなんだったっけ??????とびっくり仰天でした(笑)

 

そういう世界は、そういう世界だけで広がっていて、少し一般人のアカウントの周辺からは離れたところで広がっている世界なので見たことがない方でもFacebookを回遊してみるとすぐ見つけられると思いますので見てみてください。

情報発信での自分露出は必要か?

で、ここで書きたいのが、

一応私はその世界も経験したうえで月収100万になった身として、その、いわゆる「Facebook起業界」での発信は「稼げるようになるために」必要なのか?ということです。

 

ずばり、最初に結論言います。

 

 

 

 

 

 

「必要ない」

 

です。

 

 

顔出ししたくない!という人、あまり有名になりたくない!と言う人には朗報だと思います。まあこれについては賛否両論あると思うし、今もまだ皆手探り状態だと思います、一部の稼ぎ主を除いて(川島さんなど)。

正直言うと私はあの「創られた胡散臭い世界」にいたくないです(笑)そういう私個人のスタンスと言ってしまえばそれで終わりなんですが、それは棚の上に置いておいたとしても、あの状況は日本の将来が不安になるくらい胡散臭いです。

 

 

でも、ここから注意して読んで下さい。

有名にならなくても稼げる。でも◯◯が無いと稼ぐのは無理。

 

 

「皆がしないことをするから売れる」

のも事実なんです。

 

やっぱり、目立っている人は「何あの人、変なの」という目が向けられる一方で、そう思う大勢の一般人から「少し気になる」存在として自然と成り上がるのです。

 

最近、宮城県の観光PRのCMが話題になりましたが、「炎上」を目的でわざときわどい発信をしたり失言したりするのと一緒です。

 

「良く」も「悪く」も目立つことは、結果的に集客に繋がる一面があります。

 

 

それは感覚的に皆わかっているから、誰も見たくもない自撮りや何の役にも立たない発信でタイムラインが埋め尽くされるわけですが、

 

結局、能力やテクニックよりも、単純に見た目の良い人ばかりが「いいね!」を勝ち取っていきます。(専門職などの発信を除く。)

 

私は一度その世界から抜けて俯瞰してみて、「稼ぐための発信」には、つまるところ何が重要で必要なのか、を私なりに備忘録として書いておこうと思います。

 

発信で大事なのは「情報」ではない

ずばり、発信で大事なのは「情報」ではありません。

「情報」より大事なのが「その情報を発信している人のフィルター」です。

フィルターって、"その発信者はどういう物事の捉え方で発信しているのか"、とか、"どういったバックグラウンドを持つ人物なのか"、という部分のことです。

余談になりますが、実はこのブログは「私のフィルター」をできるだけ無くすことを意識して書いています。これには理由があるので、稼ぐためにはこのブログの書き方は真似しないほうがいいということだけは最初に言っておきます。ですが、書いている情報自体はすべて真実で、私がゼロから月収100万になった方法なんです。

 

今は、「情報」は無料でゴロゴロ落ちている時代です。ネットを検索すれば「答え」が出てきてしまうんです。それでも、多くの人が経済・人間関係・能力etc..に悩み続けているのはなんでなのでしょうか?

それは、「答え」のための「問い」の立て方に問題があるからです。
そもそも「答え」を「検索」するための最適な「問い」を立てることができる人がひじょーーーーーーーーーに少ないのです。

 ↓だからこういう本が売れる

f:id:webmami:20170720015454p:plain

 

で、その「問い」は一人でウンウン悩んでいても一生出てきません。問いを立てるための知識・情報・経験がないからです。だから、「問い」を自分の中で起こすことができる人の言うこと、話すこと、を人々は外側に探し続けています。

 

つまり、人が潜在的に探しているのは「情報」(「答え」)そのものではなく、「自分が答えを出すための"問い"を立てられる方法や情報」なんですよね。

 

で、その最適な"問い"というのを持つために必要な知識や情報をわかりやすく体系的に説明してくれている人や、「なんかこの人の見方、いいな、自分に近いな」と感じる人の情報を読み続けたい欲求が出てくるのは自然なことです。

 

そうなると、発信する側が「答え」だけ流していても誰も寄り付かないことになります。その「答え」に行き着くための「問い」や「問いのキッカケ」を持っている人に人が集まるんです。だから「発信者のフィルター」無しでは何も起こらないんです。

同じ一つの現実でも、人によって捉え方は千差万別ですよね。
だからこそ、「あなたがどうとらえているか」を出していくことで「問い」や「問いのキッカケ」を発信の随所に散りばめることができるというわけです。

ただ、また余談ですが、自分のフィルターが濃すぎる人の発信も私は個人的にあんまり好きじゃないです。結局は、ネットでは顔が見えない・世界の何処かの知らない人の情報を見るわけなので、あまり個人的に話をされると今度は「あなたのことはどうでもいいんだけど」みたいな気持ちになって読まなくなります。ファンが出来てきたなら良いと思いますけど、そのファンも、どこかで「強い共感」や「好き!」と感じた記事があったからファンになったはずです。

Facebookに変な世界が広がっている真っ当な理由

 

そうなると、まったく顔出しせずに、キャラクターを出さずに、「正しい答え」だけを発信している人よりも、「何こいつ」と思われながらでも「変な答え」を発信している人のほうが、よっぽど誰かの心に良くも悪くも引っかかりやすいんです。

ちょっと話がややこしくなってしまいましたが、ついてきてくれていますか?

 

でも、ここで気をつけたいのが、さっき言ったとおり、
顔出ししたり有名になったりすることで稼いでいく人は、やっぱり元から能力がずば抜けていたり、顔がキレイだったりします。だから、ひどい話に聞こえるかもしれませんが「凡人」はそのレールに乗ろうとすると、「到着地点」が変わってしまいます。

 

例を挙げると、
元から能力がずば抜けていたり、目立つのが好きだったり、顔がキレイだったりする人が発信によって有名になっていくと、その先には更に露出を高める世界が待っています。「メディア出演」などです。
そこを目標にしているなら、どんどん顔出ししないといけませんが、

もし、あなたが、「目立つことによる稼ぎ」よりも「きちんとした発信、情報による稼ぎ」をしていきたいのであれば、わざわざ変な世界に入る必要は、集客の効果を捨ててでも、やっぱり無いということです。

 

顔出し無し、有名になりたくなくても稼げる方法

結局、メールマガジンで得られるリストも「量」ではなく「質」です。読者はあなたより頭が良いです。「あなたのフィルター」を恐れずに出していけば、「いいな」と思っている人はすぐに出てきます。学生時代、田舎から一人上京した大学でだって、わりとすぐに友達は出来たはずです。そんな感じです。(例えが下手かも。笑)

 

つまり、着実に自分に情報力やキャラクター力を付けていき、「あなたのフィルター」をいいな、と思える人を増やしていくことが、遠回りなように見えて近道だと思います。

 

視点を変えて言えば、そんなに大した情報や能力を持っていなくても、あなたはもっと自由に、あなたが生きてきた軌跡や考えてきたことをもっともっと出していって良くて、そのほうがお金にもつながるということです。

 

ただ、もしすでに稀有な能力(帰国子女、専門職、などなど)を持っているとか、モデル級のルックスをお持ちだったりすれば、それは発信の強みとして使わない手は無いですよ。

 

もっと人生を楽しもう

発信には「あなたのフィルター」が大事だという話をしました。「あなたのフィルター」はあなたの人生によって作られていきます。稼がなければ!と家でパソコンにかじりついたりネットでリサーチを続けたりする時期も確かに必要ではありますが、あなたがまず、あなたの人生・生活を楽しまないと、発信するためのフィルターは作られていかないです。
有名になる必要はないです。でも、「自分を極める」「自分のフィルターを極める」ということは、お金につながる発信者としては絶対に不可欠かな、と思います。