27歳CAが起業のしかた教えます

27歳CAが淡々と月収100万の自動化を指南するブログ

CAが「時間・お金」からも自由になった経緯を淡々と解説します

"コピーライティング"に深入りすると危険である2つの理由

f:id:webmami:20170625232627j:plain

ここまででコンテンツやセールス文章を組み立ててきました。

ここからはセールススキル、主にコピーライティングの「テクニック」を書いていきます。
私が月収100万を越えるようになった今、コピーライティングの重要性・威力についてひしひしと感じるようになりました。
ネットでビジネスをしている人の大半が、この分野について熱く語っているのを見かけます。
しかし、私が月収100万に到達するまでは、あまり知らなかったことでもあります。

月収100万のためにコピーライティングは必要か?

何が言いたいかというと、コピーライティングの知識はここに書くことのみおさえておけば、月収100万は可能です。私がそうだったので。
なぜこんなこと最初に言うかというと、「コピーライティング」は奥が深すぎるし時代背景に大きく左右されるトレンドもあるので(10年前に売れたコピーが今使えるかどうかは甚だ怪しい)、ここで深入りすることではないというのが私の考えです。

深入りしようと思えば、これだけでカテゴリー、いや、ブログが1つ出来上がってしまうほどです。

私の"1ヶ月で月収100万"という期間は異例な勢いがあったとは思いますが、そこが私のブログの情報の強みだと思っていますので、あくまでもそれに忠実に進めていきます。

短期間で月収7桁を目指す場合、コピーライティングに深入りしていると2つのデメリットがあります

学ぶ項目にキリがなく、実際のビジネス進行に遅れが出る。実践が伴わないと"机上の空論"になりやすいため。

テクニックに逃げがちになり、コンテンツやあなたの情報の「密度」が薄くなる

コピーライティングは一生勉強できる分野です。ただ、得意じゃなければ外注する手もあるわけです。一度7桁稼いでみてから、深入りするか/手放すか決めたら良いと思います。
(私は好きなタイプなので今は深入りしていて、引き続き勉強しつつ、いずれこのブログにもカテゴリーを増やそうとは思っています。)

 

でも、月収100万に必要っちゃ必要

このブログでは、私が実際に月収100万を越えるまでに学んだコピーライティングスキルを"必要最低限"として紹介していきます。どの程度まで学べば稼げるのか、にデータがあるわけではないので私の経験をそのままなぞってもらったほうが確実だと思うからです。

このブログで紹介する項目は、主に下記の書籍を参考にしていますので併せて読んでおくと吸収が良いかと思います。(深入りするかどうかは、ネット上の(私を含め)"誰かのフィルター"を通したまとめではなく、原書にあたって自分で判断しないと一生「二番煎じ」になるおそれがあるからです。)

 

webfreedom.hatenablog.com

 

私が使って反応率が高かったオリジナルコピー集

また、私が実際に使って反応率が高い、効果のあったコピーについては今後メルマガ登録者への特典としてPDFにまとめてお渡ししようかと思います。

 

それでは1つ1つ見ていきましょう。